これって本ですか?

FXトレードの間でも話題になっている教材といえば、「FXテクニカル分析22の技術」です。

これは、FXトレードをしている方には必見の本です。
トレードをしていると思惑とは逆の方向に価格が動いたり、誰かにトレードを見られているのではないかと感じることも多いです。

実際に投資家のアンケートで嫌になることでも、買ったら下がって売ったら上がる値動きと結果が出ています。

トレードをしている殆どの人は、予想とは逆に相場が動いてしまい損をしています。

そこには、致命的な間違いを投資家がしていることにあります。

特に、利益を上げている人の売買を真似しているのが危険で、真似をして同じ銘柄で売買したりテクニカル指標を使って売買してもトレードは勝てません。

利益を上げるトレードをするには、FX投資家の心理(大衆心理)がチャートの価格を動かしていることを知る必要があります。

相手にしているのは、同じように大切なお金をかけることに不安を感じながら、値動きの上下に一喜一憂している人です。

チャートそのものを相手にしているわけではありません。

この仕組みを論理的に学ぶことが出来るのが、FXテクニカル分析22の技術です。